・教育学部内専用サイト
・教育学部教職員専用サイト
山梨大学 教育学部・大学院教育学研究科・特別支援教育特別専攻科山梨大学 教育学部・大学院教育学研究科・特別支援教育特別専攻科
交通アクセス
お問い合わせ
資料請求

部門紹介

実践センターの各部門における活動概要は下図のとおりです。各部門では最新の教育理論と教育実践の融合による多様な取組を通して、教師力の向上や山梨県の今日的教育課題の解決に努めています。また、山梨県総合教育センターとの「連携・教育研究会」、「教育評価研修会」や、「山梨大学教師塾プログラム」、地域と連携した「子どもと親と教師のための教育相談事業」、「教員志望大学生による小中学校への支援事業」、「期間採用者等研修」、「教育フォーラム」等の取組を推進しています。

実践センターの組織と教員養成機能の高度化に向けた教職支援部門の拡充
実践センターの組織と教員養成機能の高度化に向けた教職支援部門の拡充

教員育成推進部門

教員のキャリアステージに寄り添って「学び続ける」学生・教員を育て支えます

「教員育成推進部門」は、「附属学校園共同研究部門」とともに、平成29 年度に新設された部門です。本部門では、山梨大学教育学部が目標とする「人間の“生” に寄り添い、支える教育の担い手を育成すること」を目指し、教職を志す学生と学校現場等で日々、子どもたちの教育に携わる現職教員のキャリアステージに応じた学びや成長を支える事業を展開しています。

具体的には、山梨県内の教員養成の中核大学として、意欲と実践力の高い教員の養成、研究・研修の企画・実施、教育課程の開発等、次のような活動を通して、教育現場を支援しています。

学生・大学院生に…

教育への情熱と実践的指導力・人間力を備えた教員の養成

  • 教職大学院生の公立学校での実習
    「教員育成指標」に基づき、地域や社会の期待に応える、教員養成のための教育課程の開発と授業改善の推進
  • 大学と実習協力校、教職大学院連携協力校、附属学校園との連携による、実践的指導力を高める教育実習の企画・実施(教育実習の円滑化・高度化)、学校現場での体験活動の充実

現職教員に…

教員のキャリアステージに即した教員の資質・能力向上のための研修の企画・実施

  • 山梨県教育委員会、山梨県総合教育センターと連携し、「教員育成指標」に基づく研修の企画・実施
      - 経年経験者研修や教科等の研修をサポート
      - 今日的教育課題への対応に向けての取組をサポート
  • 現職教員の指導力向上のニーズに応える多様な研修機会の確保、相談体制の整備
      - 教員免許状更新講習の充実
      - 現職教員等へのサポート体制の整備
  • 学校・大学・附属学校園との円滑な連携による実践的・体験的研修の企画・実施
  • 県内市町村教育委員会との連携の強化
      - 市町村教育委員会の独自の取組をサポート
      - 学校現場での教育・研究・研修活動をサポート

関係機関との連携の窓口として…

山梨県教育委員会・山梨県総合教育センター等との連携・事業推進

  • 山梨県教育委員会等、県内教育関係機関との連携・協働に関わる連絡・調整、企画・推進

附属学校園共同研究部門

附属学校園の機能強化、附属学校園間・関係機関等との円滑な連携体制の構築を進めます!

「附属学校園共同研究部門」は、「教員育成推進部門」とともに、平成29 年度に新設された部門です。附属学校園は、教育学部キャンパスに隣接する地理的な特性を活かし、山梨大学教育学部の教育・研究の場として重要な役割を果たしてきました。これまでの取組の成果を踏まえ、附属学校園には、さらなる課題の解決と機能強化が期待されています。

本部門は、新たな今日的要請を受け、山梨県の学校教育を先導するパイロットスクールとしての附属学校園の機能強化・円滑な連携体制の構築を進めるために、特性を活かした先導的・実験的な学校教育の実践等、その存在意義を具現化する教育活動を推進し、地域の教育や大学の教育研究・教育活動を支援する事業を展開しています。

地域における指導的・モデル的な学校としての取組を支援

  • 地域のパイロットスクール(先導的・実験的に教育課題を研究し、公開研究会はもとより成果や課題を日常的に地域の学校に公開・発信)としての取組を支援
  • 現職教員の研究・研修・実習の場として聞かれた機会を設定
  • 教職大学院との連携による演習・実習の場としての活用を推進
  • 地域の学校の教育研究・実践への指導・支援的役割の充実
  • 教育研究・実践に関する地域の相談機関としての活用を推進
  • 附属学校園の特色を活かす協働活動、共同研究、幼児・児童・生徒の育成に関わる一貫した取組の企画・推進

教員を目指す学生に対し、大学・学部の教育実習計画に基づく教育実習を支援

  • 附属学校園と連携して、事前・事後指導を含め教職の基礎的・基本的な資質・能力を育むとともに、教職への思いと教育への情熱を高める
  • 今日的教育課題に対応できる資質・能力、実践的指導力の基礎を育む
  • 附属学校園と大学とをつなぎ、教育実習の円滑化・高度化を推進


附属中学校での教育実習

大学・学部における教育・研究活動等への支援・協力

  • 今日的教育課題(特別支援、いじめ、不登校等)に対応した教員養成の在り方等に関する大学・学部における教育研究・実践検証等を支援

教育実践研究部門

教育実践研究の成果を教員育成に活かす!

教育実践研究部門は、教育実践研究領域、情報教育研究領域、教育臨床研究領域の3つの領域から構成されています。それぞれ次の事業を展開しています。

教育実践研究領域

本研究領域では、新たな教育実践の課題を探究し、未来を築く子どもたちの教育を担う優れた教員の育成を目指して教員養成教育に取り組んでいます。
また、山梨県教育委員会と連携を図り、教員の力量形成を支援する事業としての研修会を実施するなど、現職教員研修を展開しています。

山梨大学教師塾プログラム

現職教員の模擬授業による授業研究、学習指導案作成等(山梨大学戦略・公募プロジェクトー教育関連プロジェクトー)

  • 授業力養成講座 小学校・中学校対象、全体会と教科ごとの分科会
  • 初任者元気アップ講座 次年度に現場の教壇に立つ学生及び教員志望学生向け
  • メンタルサポート 教育実習中のカウンセリング等
  • 学習指導案データベースの運用 教育実習研究授業の学習指導案の収集と活用
  • その他

山梨県総合教育センターとの「連携・教育研究会」開催(学校制度・経営論の講義、主事研究への協力)

期間採用者等研修の企画・実施(毎年5月頃)

模擬授業室の整備

教育実習の事前指導及び事後指導の実施

教育臨床研究領域

教育臨床研究領域では、いじめ・不登校・発達障がいといった学校教育における今日的課題に対し、支援方法を臨床心理学的観点から研究・実践しています。本領域では、山梨県教育委員会との連携事業「地域連携 子どもと親と教師のための教育相談事業」と、「附属学校園の教育相談事業」の2つの事業を実施してきました。

平成19 年度より開始した「地域連携 子どもと親と教師のための教育相談事業」は、山梨大学、山梨県教育委員会、教育四者(山梨県PTA 協議会、山梨県公立小中学校長会、山梨県公立小中学校教頭会、山梨県連合教育会)が協働して行っています。

「附属学校園の教育相談事業」は、平成14年度より本学部教員による「附属学校園のためのスクールカウンセラーチーム」によって行われてきました。

平成25年度より非常勤相談員の附属小中学校配置を開始し、平成27年度からは附属中学校側で得た大学特別経費による非常勤相談員が附属中学校を担当し、地域連携事業の経費による非常勤相談員が附属小学校、附属幼稚園を担当しています。

地域と連携した子どもと親と教師を対象とする教育相談事業
(山梨大学研究高度化特別経費一地域連携事業支援プロジェクトー)

山梨県教育委員会や附属4校園と連携し、教育相談室を運営しています。教育相談室では教職員・児童生徒・保護者を対象とした教育相談(教科指導、生徒指導、特別支援教育、子どもの発達や対応の仕方、子育ての悩み等)に対応しています。

  • 山梨県教育委員会教育相談連絡協議会への参加、同研修会講師
  • 附属4校園教育相談担当者及び附属学校スクールカウンセラーと教育相談室連絡協議会を開催
  • 附属4校園へのカウンセリング、コンサルテーション、スクールカウンセラーに対するスーパービジョン
  • 附属4校園の教育相談窓口として児童生徒、保護者、教員対象の相談業務

情報教育研究領域

本領域は、情報活用能力の育成を目標とする情報教育や、教育方法としてのICT活用教育、校務の情報化等の「教育の情報化」に係る教員育成をミッションとする情報教育研究領域として、さまざまな事業、教育、共同研究を行っています。

本領域では現在、次のような取組を進めています。

  • ICTを活用した教育内容・教育方法の研究・開発・普及・啓発
  • 教職科目「授業分析論」における授業研究・授業改善に関する教育
  • Moodle(eラーニング)及びMahara(eポートフォリオ)の利用促進
  • 山梨県教育委員会教員免許法認定講習「情報教育とICTの授業における活用」(協力)
  • 山梨県青少年のインターネット利用環境整備連絡協議会(協力)
  • 教員免許状更新講習(対面・集合研修)の協力、eラーニングによる教員免許状更新講習(KAGAC)の企画・運営等


授業研究演習室

教職支援部門(教職支援室)

教員を目指す学生を全力で応援!

教職支援部門は、平成24年度に開設された「教職支援室」が機能強化され教職支援部門となり、平成31年度から4つの領域に拡大しました。これまで行ってきた教育ボランティア、教員就職に向けての教職支援の充実をはかるとともに、地域学習アシストと学生カルテ・分析という新たな取り組みをスタートさせました。学生のみなさんの自主的な学びを尊重しながら教職に関する支援を行い、より質の高い教員を地域に輩出することを目指していきます。

教職支援領域

教採対策を主軸に、1年次から卒業後までを見据え、教員就職を支援!

教職支援領域は、学生の教員志望への意識喚起や教員採用に関する相談、教員採用試験対策まで幅広く支援しています。教員採用試験対策講座の開催、教員採用試験説明会の企画・運営、教員採用試験に関する個別指導、個別面談による進路調査、教員に採用された卒業生の追跡調査等多岐にわたる支援を行っています。

教育ボランティア領域

教育現場で子どもとふれあう「教育ボランティア活動」を支援!

教育ボランティア領域は、学生と受入先との橋渡しをし、多様なボランティア活動が両者にとってプラスとなるように支援しています。また、学生運営委員会の自主運営により、教育ボランティア活動と学生との距離がぐっと身近になっています。受入先と学生のマッチング、ガイダンスやスタートセミナー及び報告会の企画・運営、教育ボランティア受入先訪問等を行っています。教育学部に在籍する学生の約2人に1人が教育ボランティアに興味を持ち、約3人に1人が実際に教育ボランティアに参加しています。


授業での個別指導

地域学習アシスト領域

地域学習アシスト始動!学校現場の課題を学校と大学が共有、協働して解決策を探る。

地域学習アシスト領域は、令和元年度に教育ボランティア活動の発展形となる新たな活動として地域学習アシストをスタートさせました。地域学習アシストとは、学校現場の問題解決に向けて、学生(学部生・専攻科生・教職大学院生)と大学教員からなるチームカンファレンスを中心とした活動です。学校の方針(要望)に基づき、【観察/記録】→【分析/相談】→【方針/計画立案】→【実施】というサイクルをカスタマイズしながら行っていることが特徴です。


地域学習アシストのサイクル

学生カルテ・分析領域

教職キャリア・ポートフォリオ・システム導入(令和2年度)。学生自身の振り返りを支援し、教職支援に関するデータの一元管理と分析を行う!

学生カルテ・分析領域は、教職キャリア・ポートフォリオ・システムによって、教職支援に関する幅広いデータを一元管理し、教職に関する分析や学生の学習の振り返りを支援します。進路希望や講座の出席状況等のデータを幅広く収集、一元管理し、分析することで、教職支援の事業等の工夫改善に生かすものです。同時に、学生の学習履歴を個別にまとめることで、学生自身が教員採用試験対策の学習を振り返ることができます。


成長するアバター(教職キャリア・ポートフォリオ・システム)

附属教育実践総合センター