ニュース

 山梨大学教職大学院では,平成30年10月27日(土)に第17回教育実践フォーラムを開催しました。県内外から80名もの方々が御参加くださいました。
 今回の講師,國學院大學教授の杉田洋先生は,教育現場での経験もありながら,行政でも文部科学省で視学官を務めるなど,豊富な経験から,「アクティブラーナーの育成と日本式人間教育~新しい学習指導要領の改訂を踏まえて~」と題して御講演いただきました。
 新しい学習指導要領の改訂に伴い,「主体的,対話的で深い学び」「カリキュラムマネジメント」といったキーワードが話題になりますが,今回の内容は少し視点を変えて,そうした方法論ではなく,これらを実現する教師とはどういったものなのかという,我々教師の姿について,原点に返ってのお話を中心にしていただきました。
 参加者のすべての方々が感動し,明日への勇気と教師のすばらしさを感じて,帰っていただくことができました。いくつか感想をお知らせします。
 ・ やっぱり先生って素敵な職業だと思いました。生徒に会いたくなりました。
 ・ 教員の仕事に疲れ切っていた自分に,教育の原点・核を伝えていただき,心から感謝し,涙が出ました。まさに教育は,人間と人間とのかかわり,寄り添いから生まれるものだと思います。子どもを好きでい続けられる私でありたいと思いました。
 ・表面的な技能や資質能力ではなく,”人として”何が大切で,それをどうやって育むのか,心央をつかれたような気がしました。月曜から再び「頑張ろう!!」という気持ちになりました。
 ・忘れかけていた大切なものをいくつも思い出させていただきました。杉田先生のお話,三度目ですが,新たな感動でした。
 ・2時間を超える講演も「長い」と感じさせない語り口と内容にとても感動しました。教員として大切なことの一つに「芯をもつこと」があると私は思っています。今日のお話は,私の「芯」を改めて確認させられたり,付け足したいと思わせたり,そして明日から頑張ろう!と思わせてくれたように思います。これまでの講演で一番でした。
 ・本当に素晴らしい講義をありがとうございました。本校の教職員,または県内の現場で頑張っている教職員全員に聞いていただきたいような内容でした。また,杉田先生のお話を聞きたいと思いました。
 ・教員になってよかった。教員としてもっともっと頑張りたい,そんな思いをさらに強くした2時間でした。
 いま教員の仕事は「ブラック」といわれ,学生も敬遠するような風潮が見えています。もちろん,人を育てているのですから責任も重大ですし,重労働でもあると思います。でも,それ以上に喜びもたくさんあると思っています。今,現場で活躍している先生方やこれから教師を目指そうとしている方々に,教師のすばらしさを改めて知ってもらって,「教師って仕事は,大変だけど『素敵』なんだよ」と感じていただき,元気と勇気をもらって帰ってほしいという願いがまさに達成された講演であり,杉田先生に来ていただき,本当によかったと思っています。御多忙中にもかかわらず御講演いただいた杉田洋先生には,心より御礼申し上げます。
 次回の山梨大学教職大学院第18回教育実践フォーラムは、平成31年2月16日(土)に開催します。教職大学院生の研究発表を予定しています。多くの方々の御参加をお待ちしております。

    
   中村和彦教育学研究科長の開会挨拶           講演する杉田洋先生

  
                 熱心に聞き入る参加者


 10月26日(金)16:30からLC-11において、2回目となる「教採スタート・アップ相談会」を開催いたしました。

教採スタート・アップ相談会とは、主に教育実習を終えた3年生を対象とした相談会となります。実際に教育現場に携わり、その上で教職や進路について悩み始めた学生と、様々な職業経験を持つ教育学部の教職員が話をする場です。

 

 今回は、聞いてみたい内容ごとにグループに分かれて相談会を行いました。「どの進路に進むべきか」「教員にはなりたいがどの校種に進みたいのか迷っている」といった、進むべき道に悩んでいる学生や、「目標は決まったが、実際どのような取り組みから始めたらよいのかわからない」と言った相談に、教員が体験談などを交えアドバイスをしておりました。

 

 教採スタート・アップ相談会は今回で終了いたしますが、11月30日(金)から新たな講座が始まります。詳細については後日掲示いたしますので、是非ご参加ください。

 

              


 10月3日(水)と10月17日(水)13:10から、「後期進路支援ガイダンス」を開催いたしました。

 

 10月3日(水)は大学院1年生と学部3年生を対象としたガイダンスで、嶋﨑義務教育課長(山梨県教育委員会)にお越しいただき、近年の山梨県教員採用試験の内容を中心に話を伺いました。

 10月17日(水)は、学部2年生を対象としたガイダンスで、小田切義務教育課人事管理監(山梨県教育委員会)にお越しいただき、2年生を対象とした教員採用試験における話を伺いました。

 また、2年生のガイダンスでは、今年教員採用試験に合格し来年度4月から教員になる3名の4年生から体験談やアドバイスを伺いました。

 

 この他には、両日とも中村和彦学部長から話を伺い、渡井 渡先生(附属教育実践総合センター)から進路選択等について、新野貴則先生(芸術文化教育講座)からは教員採用試験に向けてどのような取り組み方法があるのか説明があり、長谷川千秋先生(言語文化教育講座・教務委員長)からは教育職員免許法の改正に伴う履修上の注意について説明がありました。

 

 本学部では、これからも学部全体で学生のサポートに取り組みたいと思います。教員採用試験に関することや、またそれ以外の事でも教員に相談したいこと等がありましたら、J号館入口やLA号館入口の掲示板に教育学部教員が実施している個別指導の一覧を掲示してあります。オフィスアワーの時間もありますので、学生の皆様も積極的に活用してください。

 

         

          嶋﨑義務教育課長         小田切義務教育課人事管理監

 

      

                                               4年生の発表の様子

 


 10月17日(水)、本学甲府キャンパスL号館527教室において2018年度「第2回水曜イブニングコンサート」が開催されました。

 このコンサートは、学部2年生以上(大学院生含む。)の音楽系の学生が、日頃の成果を披露する演奏会で、年に4回開催されています。今年度第2回となるこの日のコンサートでは、ピアノ独奏、作曲作品発表のほか、10月20日にキングスウェルホールで開催される「山梨から発信する21世紀の音楽創造〜山梨の作曲家による作品コンサート part Ⅲ」から3組の演奏が披露されました。このコンサートは、一般公開でどなたでも観覧可能(入場無料)ですが、この日も、学生・職員ばかりでなく、一般のお客様もお迎えして盛大な拍手に包まれました。

 次回「第3回水曜イブニングコンサート」は11月14日(水)17:00開演、本学甲府キャンパスL号館527教室において開催されます。たくさんのお客様のご来場をお待ちしております。

 

プログラム

 

1.ピアノ独奏

A.スクリャービン:ピアノソナタ第2番 嬰ト短調 作品19『幻想』 第1.2楽章

ピアノ:大北 果奈(芸術身体教育コース3年)

 

 

 

2.作品発表

作曲:上野隼(大学院芸術文化コース2年)

数名の演奏家による『シカゴ学派』

演奏:萩原舞(大学院芸術文化コース2年)

   若松園子(芸術身体教育コース4年)

   柴田佳歩(芸術身体教育コース3年)

   植村朋世(芸術身体教育コース3年)

   武藤 豊(芸術身体教育コース2年)

   廣瀬里奈(芸術身体教育コース2年)

 

 

「山梨から発信する21世紀の音楽創造〜

山梨の作曲家による作品コンサート part Ⅲ」 より

https://www.yamanashi.ac.jp/19117 参照)

 

 

3.作品発表

作曲:植村朋世(芸術身体教育コース3年)

「UNO―2人の打楽器奏者のために―」

演奏:萩原舞(大学院芸術文化コース2年)

   植村朋世(芸術身体教育コース3年)

 

 

 

4.作品発表

原 千夏(本学大学院29年度修了生)

「五月雨と私」

ソプラノ:髙橋侑希(本学芸術文化教育講座特任助手)

ピアノ:池山洋子(本学芸術文化教育講座准教授)

 

 

 

5.作品発表

藤原嘉文(本学芸術文化教育講座教授)

「MetamorphosisⅣ~2台のピアノのための」

ピアノ:池山洋子(本学芸術文化教育講座准教授)

ピアノ:藤原嘉文(本学芸術文化教育講座教授)

 


  10月5日(金)16:30からLC-11において、「教採スタート・アップ相談会」を開催いたしました。

  教採スタート・アップ相談会とは、主に教育実習を終えた3年生を対象とした相談会となります。実際に教育現場に携わり、その上で教職や進路について悩み始めた学生と、様々な職業経験を持つ教育学部の教員が話をする場です。

 

  初めに、学生と教員が少人数のグループとなり、教育実習を終えたばかりの学生がお互いに感じ、考えたことを話し、それに対する教員からのアドバイスに耳を傾けておりました。

 後半は、LC-11以外にLC-13なども使用して、個別相談の時間を設けました。参加した学生の多くが個別相談を受け、終了時刻を過ぎるまで話をしておりました。

 

  教採スタート・アップ相談会は、教職以外の相談も受け付けております。また、3年生に限らず、進路に迷っている方はどなたでもお持ちしております。

  次回は10月26日(金)16:30からLC-11で行いますので、気軽に足を運んでください。皆様の参加をお待ちしております。

        


(1) 2 3 4 5 »
ニュース
山梨大学教育学部紹介ムービー パンフレット オープンキャンパス
 ページの先頭に戻る