ニュース
教育学部第30回教育フォーラム『特別な支援を要する子どもたちのための教育実践』を開催しました。
2017.12.25

 平成29年12月14日(木)、山梨県立図書館、多目的ホールにおいて、教育学部第30回教育フォーラムを開催し、県内の幼小中高等学校や特別支援学校の先生方、学生や卒業生、本学教員、また特別支援教育に関係、関心のある方々、約170名が参加しました。

 この教育フォーラムは、これまでは本学教育学部実践教育運営委員会が中心となり、教育全般に対する知見の伝播と共有を目的に毎年1回開催するものでしたが、今年度から年2回、山梨県教育委員会と共催することになり、共に教育現場の先生方が直面する問題や関心に基づいたテーマを選びました。

 今回は今年度1回目として、『特別な支援を要する子どもたちのための教育実践』と題し、本学教授の廣瀬信雄先生をコーディネーターに、幼・小・中・高を通して行われている特別支援教育の現状と課題を探り、あるべき方向性と教育や保育上の手立て、大人が持つべき視点を追及しました。

 フォーラムでは、はじめに本学准教授の吉井勘人先生から「インクルーシブ教育の推進と課題 ?多様な子どもへのよりよい支援を目指して?」と題し、現代の特別支援教育の方向と考え方について基調となる提案がなされました。続いて、私立幼稚園の立場から聖愛幼稚園長の鈴木信行先生より、障害児保育の現状と課題が明示され、同園主幹教諭・特別支援コーディネーターの萩原直子先生より、実践内容と考え方、工夫についてていねいな報告がありました。次に、池田小学校校長の土肥満先生からは、「特別な支援を要する子どもたちの教育実践 ?教育のユニバーサルデザイン化に向けて?」と題し、自身の豊富な経験と実際例が示され、特別支援教育を教育の本流へ、という主張がなされました。

 会場からは、多様な子どもたちを包み込む教育の時代における特別支援教育の役割、教える側や周囲の子どもたちの「心構え」の教育、教材づくりやデザインと子どもの「姿」との関係、問題の「処理」や子育が行われていること、どの子どもたちも大切である、という理解を共有する有意義なフォーラムになりました。

 また、第31回教育フォーラム『教師の意欲変容を促す方法と実践 -OPPAシートの検証をもとに-』を、平成30年2月21日、木曜日の18:00から、同じ山梨県立図書館、多目的ホールにて行います。詳細については、後日、改めてご案内いたします。

 


ニュース
山梨大学教育学部紹介ムービー パンフレット オープンキャンパス
 ページの先頭に戻る