教育学部

特別支援教育特別専攻科

山梨大学特別支援教育特別専攻科改組について(平成31年4月改組予定)

  本学では、平成31年度改組に向けて山梨大学特別支援教育特別専攻科の定員等の見直しを検討し、現在文部科学省に手続きを行っております。

  特別支援教育特別専攻科は、障害のある子どもの教育を担当し得る教員を1年間で養成することを目的とするとともに、特別支援教育担当教員のための現職教育の場を提供しております。今回、より質の高い教育の提供を維持するため、下記のとおり定員の見直しを行います。
  なお、最新の情報は随時掲載いたしますので、大学ホームページでご確認ください。

 【以下は予定であり、変更となる可能性があります】
○平成31年度からの募集人員等
 特別支援教育特別専攻科 入学定員18人
    Aコース 14人
            Bコース  4人 (内、特別教育プログラム(自由選択)の定員を含む)

※ 特別教育プログラム ⇒ 特別支援教育コーディネーターの育成
    特別支援学校や小・中学校等の特別支援教育で、リーダーシップを発揮できる
            教員を育成し、地域の特別支援教育の質的向上を図る

○出願資格
 Aコース 小学校、中学校、高等学校及び幼稚園教諭普通免許状取得者
                (31年3月取得見込み者を含む。)
 Bコース 特別支援学校教諭1種免許状取得者(31年3月取得見込み者を含む。)

○取得可能な免許状の種類
    Aコース 特別支援学校教諭1種(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)
            Bコース 特別支援学校教諭専修(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)



特別専攻科

本課程はすでに幼・小・中・高校の教員普通免許(一種)を所持する方を対象として、一年間で障害児教育を担当しうる教員として養成することを主眼とする独立した教育の場(1年)です。

本課程は二種類に分かれ、Aコースでは、幼・小・中・高校の教員普通免許所持者が特別支援学校教員一種免許状を取得できます。Bコースでは特別支援学校教員一種免許状を所持している方を対象に、一年間で特別支援学校教員専修免許状を取得できます。

本課程は知的障害教育を基礎とするが、他の障害種にも対応できる科目を用意しています。また、単なる講義にとどまらず、学生の希望に応じてさまざまな実践体験を得る機会を提供しています。地味ではありますが、着実に四半世紀を越えて、障害児教育の専門職を世に輩出し続けています。

 pdfファイル入学案内-1.pdf

定員

Aコース・25人 「特別支援学校教諭(知的障害・肢体不自由・病弱)一種免許」の新規取得
※受験資格:学士および小・中学校等の教諭のいずれかの普通免許状の取得者
Bコース・5人 「特別支援学校教諭(知的障害・肢体不自由・病弱)専修免許」への上進
※受験資格:特別支援学校教諭(知的障害、肢体不自由または病弱)一種免許状取得者

専攻科入試情報

→大学HP専攻科入試情報のページへ
 

入学者の属性

「障害児教育について専門的に学びたい」「期採(非常勤講師)を何年か続けている」「特別支援学校教員への転職を考えている」「大学卒業後の進路先がちょっと不透明」「ゆっくりといろいろと考えてみたい」など、さまざまな人が入学してきています。

入学者の属性図

修了生の進路

特別支援学校の教師として採用される人が主流になります。その他,所有する基礎免許状に応じて小学校や中 学校などの教師になる人、社会福祉施設の職員、県や市町村職員など進路先はさまざまです。

入学者の属性図

主な開講授業科目

Aコース

特別支援教育概論、特別支援教育と障害児福祉、知的障害児心理学、肢体不自由児心理学、病弱児教育概論、障害児病理学、障害児心理学演習、障害児教育学演習など。

Bコース

障害児教育学特論、障害児生理学特論、障害児教育指導法特論、特別支援教育コーディネーター特論、障害児心理学特論など。

教員紹介

この課程・コースの教員紹介ページへ

アドミッション・ポリシー

山梨大学HP「アドミッション・ポリシー 特別支援教育特別専攻科」をご参照ください。

教育学部
山梨大学教育学部紹介ムービー パンフレット オープンキャンパス
 ページの先頭に戻る