教育学部

芸術身体教育コース

芸術身体教育コース

 人間の根源的営みともいえる芸術活動と身体活動を通して、芸術文化や身心の発育・発達に関する内容を専門的かつ実践的に学びながら音楽・美術・保健体育の専門的知識と実践的指導力をもった教員を養成します。

芸術身体教育コースは、音楽教育系・美術教育系・保健体育系の3つの専門領域より成り立ち、2年次からそれぞれの専門領域に分かれて学習します。

音楽教育系・美術教育系では「感じる・表現する・創作する喜び」を子どもたちと分かち合い、保健体育系では「からだとこころの健康」を子どもたちとともに育む教員を目指します。

音楽教育系

芸術身体教育コース音楽系音楽教育系では、音楽能力の専門性を高め、それを教育現場など社会へ還元するための応用力を養うことを目指しています。

声楽、ピアノはもちろん、音楽理論や東洋・西洋音楽史、管弦打楽器・邦楽器・リコーダー実習、指揮法などの音楽専門科目や、初等・中等音楽科教育法など教職関連科目をバランスよく学び、一方で声楽、器楽、作曲・編曲、音楽学、音楽教育などのいずれかの分野を選択し専門的に研鑽します。

学内演表会含め、演奏や作品などの発表機会が多いことが、音楽教育系の特徴の一つです。

美術教育系

芸術身体教育コース美術系人間は単なる生産活動だけでは生きられません。感性や創造の世界に精神を漂わせなければ、人生に潤いもゆとりもなくなってしまいます。美術は人の感性にはたらきかけ、視野を広げ、人生を豊かにします。

美術教育系では、感性と理性のバランスを追求し、教育と美術の統合を通じて人間形成を行っています。美術科教育、絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術理論・美術史の各分野の基礎を学習し、各領域を広く学び、特に興味のある分野については重点的に研究します。

保健体育系

保健体育教育コース音楽系保健体育系では、将来、体育及び保健体育の指導に当たる教員としての力量を高めることを目指しています。

体育心理学、運動学、運動生理学、学校保健管理などの演習や実験を交えた講義科目、体操、陸上、ボールゲーム、水泳などの実技科目をもとに、専門的な資質を備えた教員の育成を行っています。

さらに初等体育科教育学や中等保健体育科教育法といった教職関連科目において、保健体育科教育における教材研究、授業実践、授業評価について研鑽を深めていきます。

主な開講授業科目

【音楽教育系】
ソルフェージュ基礎、声楽実習I、ピアノ演奏研究I、合奏法、指揮法、作曲基礎演習I、音楽史I、
日本伝統音楽研究、初等音楽科教育学、中等音楽科教育法Iなど

【美術教育系】
絵画表現、絵画理論、彫塑、視覚伝達デザイン、木材工芸、金属工芸、美術理論、美術史I、
初等図画工作科教育学、美術科教育法総論Iなど

【保健体育系】
体操、武道、体育原理、体育心理学、運動生理学、栄養学、衛生学、学校保健管理、初等体育科教育学、
中等保健体育科教育法Iなど。

履修モデルを見る

シラバスを見る

教員紹介

この課程・コースの教員紹介ページへ

活躍できる分野

小学校の教員/中学校や高等学校の音楽・美術・保健体育の教員など

取得可能な資格

小学校教諭1種免許、中学校教諭1種免許(音楽、美術、保健体育)
高等学校教諭1種免許(音楽、美術、保健体育)

定員

20名

教育学部
山梨大学教育学部紹介ムービー パンフレット オープンキャンパス
 ページの先頭に戻る