越川彩さん画像

越川彩さん

教育学部【学校教育課程 障害児教育コース】
障害のある子どもたちと実際に接してみるとイメージが大きく変わります。

中学校の時、ボランティアで障害のある子どもたちと接し、それまで抱いていた障害児のイメージと違うことに驚きました。みんな明るいし、楽しそうに笑うんです。素敵な子どもたちだなと思って、その時から障害時教育に興味を持つようになりました。大学への進学にあたっては、いろいろ調べたり、先輩たちの話を聞いたりしました。

山梨大学を選んだのは、実際に障害児と関わる機会が沢山あると思ったからです。入学したら、私が予想した以上にそうした機会が多く、新しい発見もいっぱいです。障害はハンデキャップと思いがちですが、私の持っていないものを持っているなと思うことがよくあります。周りをぱーっと明るくさせたり、絵がとても上手だったり、1回会うだけで、"障害がある子は可哀想"などという気持ちは吹き飛びます。将来は特別支援学校の先生になり、一人ひとりの個性を大切にした家族のようなクラスを作りたいと思います。

『在学生の声』へ戻る
 ページの先頭に戻る