附属教育実践総合センター

教職支援部門(教職支援室)

教師を目指す学生を全力で応援

教職支援室は、平成24年4月、「現代ニーズ」に応じた質の高い教員の養成を目的とした学部への改組に伴い開設されました。学部学生の教員採用に結びつけることを使命とし、学生の教員志望への意識喚起や教育現場体験の充実を通じて、地域に必要とされる教育実践力豊かな新人教員の輩出を目的としています。
「教職支援領域」と「教育ボランティア領域」の2つの領域があります。

教職支援領域

1~3年生(約390人)全員への個人面談と、4年生(約130人)への進路希望調査を通じて、教員志望への意識喚起や教員採用に係る相談などを行っています。また、教員採用試験に向けての志願書作成・小論文・面接等の指導を行っています。(平成28年度:延べ462回実施)

集団討議(模擬授業)指導
集団討議(模擬授業)指導

面接指導
面接指導

個人面談
個人面談

教育ボランティア領域

教員を目指す学生に教育現場での体験を多く積んでもらうため、教育ボランティアの活動を支援しています。
また、学生運営委員会が組織され、ガイダンス、交流会や報告会の企画・運営、ボランティア通信の発行など、自主的な活動を行っています。
(平成28年度:ガイダンス参加者278人、延べ活動者数209人、実質活動者数163人、受入れ先数66か所)

集団討議(模擬授業)指導
教育ボランティアガイダンス

面接指導
授業支援ボランティア

個人面談
個別指導ボランティア

教育ボランティア活動を通して感じたこと

  • 大学の講義だけでは手に入れることのできない現場での実践力を身に付けることができる。
  • 教育実習の3週間では見ることのできなかった長期的な子どもの成長に立ち会うことができ、教師としてのやりがいを一層感じることができる。
  • 様々な学年の子どもと関われる機会が多く、子どもたちとどのように関わればいいのか、先生方から学びながら、学生自身が考え、実践しやすい。また、様々な事情をもった子どもにも積極的に関わっていき、ゆっくりとした時間の中で心を通わせるということを経験することができる。
メニュー
 ページの先頭に戻る